長女&長男の特性? 「上の子は親への依存が強い」

2人の娘さんがいるDさんはこの間、同じように2人の子どもを持つ取引先の人とこんな話になったそうです。「上の子は親への依存が強い」…Dさんの長女も取引先の方もまったく同じだったそうで、ほかの人に聞いても同じ傾向が見られるそうです。

もっと見る

家族
コミュニケーション、些細なことでも大切に

Hさんがお子さんを呼んだときにちょうど携帯が鳴り、寄ってきた子に対し、「あとで」と後回しにしてしまいました。また、お子さんが「ねえねえお母さん」と話しかけてきたのに「ごめんあとで」と邪険にしたことでした。このことでHさんは母親にこっぴどく怒られ、ものすごく反省したそうです。

もっと見る

親子
人づてに褒める効果

Mさんは、子どもが小学校になってから、あまり直には褒めず、奥さまづてに褒めるようにしたそうです。
その結果、子どもはより努力するようになったそうです。

もっと見る

小学生
鏡を見る習慣

Fさん夫妻は、お子さんが幼稚園に通いはじめてから子ども用の姿見の鏡を購入したそうです。
これは子どもに自分の姿を見せ、客観的な視線を鍛えさせるためだとか。

もっと見る

鏡を見る女の子
小さいころの記憶

Kさんには当時2歳の娘さんがいて、伝書鳩にもよくなついてくれていました。
数年ぶりにお会いしたとき、すっかり大きくなっていましたが、会うなり「伝書鳩さ~ん!」と飛びついてきてくれたのです。思わず、「僕のこと覚えてるの?」と聞いてしまいました。

もっと見る

七五三イラスト
ものの数え方(助数詞)は生活の中で学びましょう

お子さまが助数詞を身につけていくためには、普段の生活の中で、大人が意識して正しい助数詞を使うようにするといいようです。リンゴは個、クレヨンは本、ハチは匹、シロクマは頭…などは基本的なところですね。では、「掃除機、箸、ヨット、いす」、これらは、わかりますか?

もっと見る

数え方、わかりますか?
どこまで本気? 将来の夢

「うちの子が5歳のとき、将来の夢は『お寿司屋さん』と言ってたんです。10歳になった今、夢は『車の整備士』と言っています。たぶん、車の整備士には本気でなりたいみたいですね」

もっと見る

自動車整備士