メイン コンテンツにスキップ

「てぶくろ」ウクライナ民話

「てぶくろ」はウクライナ民話をもとにした絵本です。

「ある、冬の日のことです。おじいさんが森の中に手袋を片方落としてしまいました。その手袋にネズミが住みこみます。カエルやウサギ、キツネが次つぎとやってきて、「わたしもいれて」「ぼくもいれて」と仲間入り。手袋は少しずつ大きくなっていき、今にもはじけそう……。最後には大きなクマまでやって来ます。手袋の中はもう満員! そこにおじいさんが手袋を探しにもどってきました。」

さあ、いったいどうなるのでしょうか?

長い間このお話が愛され続けた理由が、きっと、読んでいただけると分かるはずです。

「てぶくろ」のあらすじ・ポイント

  • 主な登場人物:
    おじいさん(手袋の持ち主)、動物たち
  • おじいさんが落とした手袋に、暖を求めて森の動物たちが次々と入っていきます。ついにはぎゅうぎゅう詰めに…

ミニ絵本をつくってみよう

ミニ絵本を開く

※ストーリーは一般的に知られているものを元に、のびラボでの編集を加え作成しています。

〈広告〉
関連商品
トップへ戻る